かえるん日記

地方馬がダービーを制す

秋のダートを振り返る(新潟編)

記事概要

3週間にわたって行われた秋の新潟開催が無事終了したということで、恒例になりつつある振り返り記事を出したいと思います。

これまで振り返りシリーズで出した注目馬の昇級戦成績は、

秋以降の注目馬 サンバパレード 特殊条件なのでここを勝った馬はあまり評価したくないのだが、この馬の10馬身差圧勝は評価せざるを得ないでしょう。決して相手が弱かったわけでなく、同日の3勝クラスと勝ち時計が0.4秒しか違わないのだからそりゃ千切るわという感じ。しかもテレQ杯のモンペルデュより斤量2キロ重いですからね。テレQ杯に出ていても馬券になった可能性すらあると思います。京都1200なら2勝クラスも突破できるレベルだと思う。次が楽しみな1頭。

夏のダートを振り返る(小倉編) - かえるん日記

 →2着

秋以降の注目馬 タガノファジョーロ 小倉で2連勝したが、本来小倉なんてまるで合わないようなタイプ。この馬の持続力が生きるような東京2100とかに出てくれば3勝クラスでも通用するのでは。小回り巧者だと思われて人気が落ちるのを期待したい。

夏のダートを振り返る(小倉編) - かえるん日記

 →9着

注目馬を挙げるとすればデザートストームテイエムサウスダンですかね。デザートストームに関しては6馬身ちぎったうえに上がり34.5ですからね。京都1200だとコロっと飛びそうな感じはしますが、東京1400とかなら3勝クラスでも面白いとは思います(人気するでしょうけど)。あとテイエムサウスダンもこの時期の2歳馬で11秒台は馬場を差し引いても優秀なラインで、1勝クラスでも好勝負必至ではないかなと思います。注目の1頭ですね。

秋のダートを振り返る(阪神編) - かえるん日記

デザートストーム→1着

テイエムサウスダン→1着

ラプタス この阪神1400を33.9で入るというのはOP馬でも垂れるような決壊ペースで、それを残すどころか差をつけて勝ち切るんだから相当強い。しかも去勢手術明けですからね。この馬はチェックしといて損はないと思います。京都1400の2勝クラスとかなら楽勝でしょう。

秋のダートを振り返る(阪神編) - かえるん日記

 →1着

次走以降の注目馬 ベストタッチダウン 同日の2勝クラスより勝ちタイムが1.6秒速く、上がりも1秒速いという破格の時計で勝利。そりゃ2着と1.7秒差も付くわなという感じで、2勝クラスと言わずOPまでは上がって来れる器だと感じています。注目の1頭。京都1800も合うでしょう。

秋のダートを振り返る(阪神編) - かえるん日記

 →1着

という感じです。まだまだ走っていない馬はたくさんいますし、レースレベルの比較等含めてまだまだ使える記事となっております。時間あればぜひ読んでみてください。

kaerun4451.hateblo.jp

kaerun4451.hateblo.jp

kaerun4451.hateblo.jp

kaerun4451.hateblo.jp

kaerun4451.hateblo.jp

勝ち馬指数表の見方

馬場

ラップと馬の過去の走破タイムを考慮して基準馬場からのおおよその差を算出。そこに含水率と風向の情報を加え補正したものとなります。例えば馬場-8であれば、「基準馬場に比べてマイルあたり0.8秒速い」ということになります。どこの競馬新聞でもやっていない作業で、これを見てもらえるだけでも違うと思います。

指数

合成指数です。ラップタイムから算出されるタイム指数に、ペースのアップダウンによるロス、通った位置によるロス、不利によるロス、斤量、さきほどの馬場指数を考慮して補正したものとなります。正確に言うとちょっと違いますが、「10違えばマイルあたり1秒違う」と捉えていただいて問題ないと思います。

新潟ダート2500

推奨馬成績

f:id:kaerun4451:20191029013433j:plain

特殊条件でしたが2鞍組まれていました。推奨馬は(0-1-1-0)とパーフェクト。あの馬場で新潟とはいえ2500もあればさすがにタフさが要求され、東京2100や中山1800での好走経験馬がよく走ってくるなという印象です。

勝ち馬指数・レース傾向

f:id:kaerun4451:20191029013453j:plain

勝った2頭は2勝クラスではどうかという感じです。リヴィエラは東京2100なんかは合いそうですが。

新潟ダート1200

推奨馬成績

f:id:kaerun4451:20191029013519j:plain

推奨馬成績は(4-2-3-6) 単回収率102% 複回収率168.7%となりました。コースの特性上ほとんどが人気サイドの推奨にはなってしまいましたが、穴目で出した馬ではカシマフウリン(11人気3着)、メイショウハチク(9人気2着)、ルッジェーロ(9人気3着)、クイーンズテイスト(8人気4着)と、かなり精度良く穴が取れていたのではないかと思います。来年の5月まで新潟開催がないのが惜しまれるところですね。

勝ち馬指数・レース傾向

f:id:kaerun4451:20191029013553j:plain

これはかなり前にバイアスがかかりました。このレースを逃げて勝った馬なんかは暮れの中山1200では人気吸ってしっかり垂れてくれると思います。一方で差し損ねた馬には問答無用でチェックを打っていて、この条件の前バイアスに関しては極端に査定して損はないと考えています。それくらい酷い前残り馬場でした。

昇級戦注目馬

エースロッカー

この馬場で外3を回す厳しい形とはなったが、内にいた7キロ軽いワールドイズマインを競り落として3着に5馬身以上の差をつけたパフォーマンスは圧巻。57キロ背負って1.10.2は馬場を考慮してもかなり優秀なラインだろう。この馬と同程度の指数を出していたケプラーは既に京都で2勝クラスを突破しており、この馬も2勝クラスを勝ち上がる下地はあるのでは。

新潟ダート1800

推奨馬成績

f:id:kaerun4451:20191029013633j:plain

推奨馬成績は(4-1-1-7) 単回収率96.9% 複回収率78.5%となりました。2歳未勝利は(3-0-0-0)としっかり勝ち馬を選ぶことができており、新潟という追走質コースにおいても、2歳ダートの上がり優位性が確認できる結果となりました。

kaerun4451.hateblo.jp

 ただ上級条件はかなり苦戦した形で、騎手メンツが騎手メンツだけに乱ペースが多く、やはり3場開催のローカルでは大きく張れないなという印象です。

勝ち馬指数・レース傾向

f:id:kaerun4451:20191029013652j:plain

 時計が出まくっていましたが、海沿いでただでさえ軽い新潟の砂質が断続的な雨でさらに軽くなっており、マイルで2秒ほど速い馬場になっていたと思います。時計的な(特に逃げた馬の)価値はあまりないですね。いつもの新潟よりも、より先行力・立ち回りにバイアスがかかるクソコースになっていたかなという印象で、ここで差し損ねた馬なんかは福島・東京・中山でおいしくなってくると思います。

昇級戦注目馬

デッドアヘッド

6馬身千切ったは千切ったのだが、スローの超高速馬場でこの着差というのが優秀。同日の2勝クラスよりも勝ち時計が1秒速いうえに上がりが1.3秒も速く、この高速巡行戦という条件であれば2勝クラスも突破できる素材だと思う。ただこれだけのパフォーマンスをした馬が中山であっさり負けていることから、パワー型の条件替わりでは軽視したいイメージ。打点は高いが、ストライクゾーンが狭いタイプだと思います。こういう馬はいずれ稼がせてくれるはず。

まとめ

秋新潟の推奨馬の全成績は(8-4-5-13) 単回収率99.2% 複回収率127%となり、読んでくれた方には概ね貢献できたと思います。強いて挙げるとすれば、条件的にバイアスが酷いレースが多かったことと、1勝クラスの指数(特に1800)が軒並み低調だったという点については注意したほうがいいかもしれません。そんなところで。来週からローカルは福島に替わります。頑張っていきましょう。それでは。

にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村