かえるん日記

地方馬がダービーを制す

秋のダートを振り返る(阪神編)

来秋もしくは今秋の京都開催、暮れの阪神、中京開催に向けての備忘録的な記事です。勝ち馬の指数データを距離別でプロットしているので、レースレベルの比較等で活用していただければと思います。昨日あげた中山編と併せてどうぞ。

kaerun4451.hateblo.jp

阪神ダート2000

推奨馬成績

f:id:kaerun4451:20191002010932j:plain

特殊条件です。シリウスSで◎ロードゴラッソ(6人気1着)がありましたが、平場はなかなか嵌らず。

勝ち馬指数・レース傾向

f:id:kaerun4451:20191002010949j:plain

勝ち馬指数はこんな感じでした。東京2100と並んで中央競馬屈指のタフコースなわけですが、なかなかタフ目のラップになってくれなかったなあという印象です。ただ、それにしてもここを勝つような馬は脚力質に振れるような馬ばかりで、京都1900なんかに出てきたら徹底的に嫌えるんじゃないかなと思います。アドマイヤビクターなんか典型的にそういう馬ですし、ロードゴラッソにしても重賞勝つなら阪神2000しかないでしょという感じの馬なので。

阪神ダート1200

推奨馬成績

f:id:kaerun4451:20191002011012j:plain

こちらは完全に隊列依存のコースなので馬券は1円も買いませんでした。もう少し精度取りたいところですが、なかなかここで穴馬をガンガン拾うというのは今の私の予想法では厳しいかもしれません。

勝ち馬・レース傾向

f:id:kaerun4451:20191002060208j:plain

阪神のダート短距離らしく差し決着が多かったように感じます。指数的に伸びなかったレースが多いうえに、阪神でこそ来たなという馬も上位には多いので、阪神1200→京都1200あたりの舞台替わりは嫌っていきたいかなという印象でいます。

注目馬を挙げるとすればデザートストームテイエムサウスダンですかね。デザートストームに関しては6馬身ちぎったうえに上がり34.5ですからね。京都1200だとコロっと飛びそうな感じはしますが、東京1400とかなら3勝クラスでも面白いとは思います(人気するでしょうけど)。あとテイエムサウスダンもこの時期の2歳馬で11秒台は馬場を差し引いても優秀なラインで、1勝クラスでも好勝負必至ではないかなと思います。注目の1頭ですね。

阪神ダート1400

推奨馬成績

f:id:kaerun4451:20191002011107j:plain

推奨馬は(2-2-1-10) 単回収率120% 複回収率118%となりました。前半は苦しみましたが、後半になってでかい的中がポンポンとありましたし、悪くなかったのではないかと思います。まあこのコースは予想も何も差し馬買うだけなので。

勝ち馬・レース傾向

f:id:kaerun4451:20191002011143j:plain

口を酸っぱくして言ってたと思うのですが、阪神1400はとにかく差しです。今開催も明確に差しにバイアスがかかったレースが15レース中6レースもありました。やはり芝スタートからダートに入ってさらに下るというあたりでテンが34秒台に突入して、息が入らないまま複合コーナーで後ろとの差が詰まり急坂というこのコース特有のレイアウトの影響が顕著に出ますね。ここで残せなかった先行馬なんかは京都ですぐ穴開くので要チェックポイントだと思います。

秋以降のこのコース注目騎手

北村友J、団野J

北村友Jはとにかく後ろのほうにいることが多いのでこのコースでは要チェックです。どう考えても先行脚質の馬で控えたりするので厄介です。あと団野Jは癖なのか知らないですけど、「逃げられなかったら後方まで下げる」という傾向がある騎手で、こちらも阪神1400とは相性のいい乗り方をしてきますね。暮れは中京行きそうですけど、こっちに乗るようであれば注目です。

次走以降の注目馬

ラプタス

この阪神1400を33.9で入るというのはOP馬でも垂れるような決壊ペースで、それを残すどころか差をつけて勝ち切るんだから相当強い。しかも去勢手術明けですからね。この馬はチェックしといて損はないと思います。京都1400の2勝クラスとかなら楽勝でしょう。

あとは度々取り上げているファシネートゼット。1勝クラスのタイムは2着のジェネティクスともども相当優秀。全日本2歳優駿が見えてきたのでは。

kaerun4451.hateblo.jp

阪神ダート1800

推奨馬成績

f:id:kaerun4451:20191002011215j:plain

ここが1番酷かったです。(1-1-1-14) 単回収率29.4% 複回収率27.1%でした。対抗に推した馬は結構来てたりするんで悪くはないんですが。思ったほど差し寄りに振れないというレースが多かったですね。やっぱ暮れの阪神と違って馬場が軽いというのがポイントにはなったかというのは感じるところです。

勝ち馬・レース傾向

f:id:kaerun4451:20191002011246j:plain

今開催はやたらとどスローからのキレ勝負が多かった印象です。基本的に急→緩→急だと差しが決まりやすく、緩→急→急だと前が残りやすいのですが、3ハロン目あたりで14秒近くのハロンタイムを刻むレースが多く、ゆえに前が残るレースが多かったという感じでしょうか。本来はマクリは入るし、速めのテンから中盤緩むしでかなり差しの効く条件なのですが。そこら辺は今開催がちょっと少頭数も多く、特異だったのかなと捉えていきたいと思います。

秋以降のこのコース注目騎手

和田J

川田Jが当然上手いですけど過剰人気で馬券的な旨味がないのでこのジョッキーをチョイス。和田Jといえば阪神ダートです。縦の距離感が非常に上手いジョッキーで、しっかり阪神の複合コーナーの緩むポイントで前を捉えに行ってくれるというのが特徴です。阪神ダートは急坂の前に加速を付けておかなければいけないですからね。逆に追い出しを遅らせたがる福永Jなんかは相当苦戦していた印象。

次走以降の注目馬

ベストタッチダウン

同日の2勝クラスより勝ちタイムが1.6秒速く、上がりも1秒速いという破格の時計で勝利。そりゃ2着と1.7秒差も付くわなという感じで、2勝クラスと言わずOPまでは上がって来れる器だと感じています。注目の1頭。京都1800も合うでしょう。

まとめ

秋の阪神開催の推奨馬は(3-3-4-35)で単回収率51.1% 複回収率60.4%とかなり苦戦しました。原因は割と明確なので、修正していきたいです。

同様に中山開催の推奨馬は(6-3-3-34)で単回収率225% 複回収率84.3%となりました。精度は悪かったですが、でかいアタマがコンスタントに入ったのでこちらは平常運転というイメージでした。引き続き頑張っていきます。

中山阪神開催の4週9日間の合計は(9-6-7-69) 単回収率138.1% 複回収率72.4%となりました。まだまだ伸ばせる数字だと個人的には思います。コツコツとウィークポイントを潰していって、まずは複回収率のコンスタントな100%超え。これを目標に頑張っていきたいです。それでは。

にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村