かえるん日記

地方馬がダービーを制す

【ユニコーンS 2020】徹底予想・分解指数分析

f:id:kaerun4451:20200621093150j:plain

どうも、ダート予想のかえるんです。この記事ではユニコーンS 2020の予想を配信していきます。平場ダートの予想記事は先ほどアップしたので、そちらもぜひ。

kaerun4451.hateblo.jp

kaerun4451.hateblo.jp

kaerun4451.hateblo.jp

分解指数分析

f:id:kaerun4451:20200621093348j:plain

f:id:kaerun4451:20200621093401j:plain

週中の馬券戦術記事にも載せましたが、今年のユニコーンSの分解指数表となります。昨年の指数表も作り直して持ってきたのですが、数字的に見ても今年のメンバーがいかにハイレベルかということがわかるかと思います。

おそらく今年のメンツだと決着指数は80を超えてくるのではないかという感じはあって、まあこのあと詳しく書きますが、そうなると大荒れの線は考えにくいのかなと思います。人気どころの上積みをどう評価し、どう印を打って馬券を組むかがポイントとなってくるのではないでしょうか。

ユニコーンS2020 徹底予想

◎カフェファラオ

まずこの馬を嫌うとすれば前走だったのかなというのが個人的な感想です。そもそもこの馬はかなりアメリカンな血統で、ペースの上げ下げはあまり上手くなく、トップスピードに近い巡行スピードで永遠と押していけるというのがこの馬の本来の適性だと思います。そういった巡行質の馬がどスローの瞬発力勝負で出遅れて大外ぶん回してる時点で本来はアウトなのですが、あれだけ舐め腐った競馬で瞬発力では世代トップクラスのものを持っているタガノビューティーを楽々差し切り、最後は流して勝つというのは、ちょっと衝撃的なパフォーマンスだったかなと思います。見た目以上に。

まあそもそもキャリア2戦の格上挑戦、調教の攻め量も明らかに足りずという形で出てきてのアレだったわけで、そこからの成長分、状態面の上積み、大外枠替わり、ハイペース替わりという各プラス要素を考えても、まあ素直にここからでいいだろうと個人的には思います。

唯一不安要素を挙げるとすれば、そのハイペース替わりプラスという部分があくまで私の見解で、実際にやってみたらハイペースは良くなかったというパターンですかね。

相手本線は2頭で悩みましたが、カフェファラオを倒す可能性という部分で〇デュードヴァンを選びました。東京ダートは昨日の夏至Sを見てもキックバックが弱く、インでせこく立ち回った馬が上位を独占するという傾向。器用さがあり、脚を小出しに使って伸びてくることができるこの馬がインでロスなく立ち回れば、距離ロスマージンで出し抜いてもおかしくないのかなとは感じます。あとは数字的な部分でヒヤシンスSよりもが青竜Sのほうが高かったですし、そもそもこの馬自身もまだ底を見せてない部分があるので。

そして悩んだもう1頭でオッズ妙味という部分では非常に面白い▲サトノラファールをチョイス。東京マイルのハイペースがドンピシャ嵌るゴールドアリュール産駒で、実際ここ2戦でもかなり質の良い末脚を繰り出してきました。ただやはり1400だと追走ポジションが後ろになりすぎる部分があり、ここの距離延長と東京替わりはかなりプラスに働いてくると思います。あとは端午Sのレベルというのが例年に比べてかなりハイレベルだったというのがあって、まあハイペース適性=追走力という部分で2強に割り込んでもいいのかなという感じです。

あとは☆タガノビューティーに関してはビルドアップに優れた馬でハイペースが良くないというのがちょっとあって評価を下げたのですが、まあ強いので紐には入れておきたい1頭かなと思います。実際青竜Sでも一貫ペースで外々を回したロスが響いての3着でしたし、前走の敗戦で意外と人気が落ちたというあたりで妙味はあるかなと。

基本的にはこの4頭での決着かなと思っていますが、穴で狙うなら※サンライズホープ。この馬はコーナリングが悪い大柄の馬で、京都は明らかにあっていなかったと思います。その点東京に替わるのはかなりプラスに働くと思っていて、まあ前走も1勝クラスとしては破格のパフォーマンスでしたし、適性面を考えれば1番面白いのかなという感じです。

あと消した馬について見て行くと、レッチェバロックに関してはかなり追走質に寄ったスピード一辺倒のタイプで、ここの距離延長は相当マイナス。ここは負けてもらって、再度の距離短縮で狙いたい1頭です。メイショウベンガルフルフラットオーロラテソーロレッチェバロック同様スピードに寄ったタイプ。1200-1400の適舞台に戻って狙いましょう。

キタノオクトパスキッズアガチャーアポロアベリアマカオンブランについては本質的に一周競馬のほうが良い馬で、マイルでしかもレッチェバロックが作り出すペースとなるとかなり忙しくなりそう。シンプルに数字も足りてこないですし、ちょっと厳しいかなという印象です。

ケンシンコウサンダーブリッツに関しては東京マイルドンピシャというスピードのあるモッサリタイプで、変なのが突っ込んでくるならこの辺なのかなという印象。ただやはり数字的には足りないので、人気どころの自滅待ちといったところでしょうか。

ラブリーエンジェルに関しては前走道悪でパフォーマンスを上げたという感があり、前走よりは乾いて行われるであろうここは若干パフォーマンスを下げてきそう。小柄な馬で、大柄で牡馬相手に内枠で揉まれこまれるのも良くない感。

16頭全部名前は出したかと思いますが、私の見解としてはこんな感じです。まだ3歳だけに不確定要素が多いので、終わって答え合わせという感じですかね。1年間中央の世代ダート戦を全レース見てきた成果が試されるレースでもあるので、非常に楽しみです。

買い目

◎カフェファラオ

〇デュードヴァン

▲サトノラファール

☆タガノビューティー

サンライズホープ

三連単◎→〇→▲☆400円ずつ

三連単◎→〇→※100円

三連単◎→▲→〇☆※100円ずつ

三連単◎→☆→〇200円

三連単◎→☆→▲※100円ずつ

三連単〇→◎→☆200円

三連単〇→◎→▲※100円ずつ 計2000円

以上です。日曜競馬、頑張っていきましょう。それでは。