かえるん日記

当たった時は謙虚に。外した時は冷静に。

【第11週】それいけ!がんばれ馬券くん【札幌→函館】

どうも、ダート予想のかえるんです。本記事は「それいけ!がんばれ馬券くん」シリーズ、第11週の結果報告となります。

企画の詳細、先週の結果報告は以下の記事へ。

kaerun4451.hateblo.jp

kaerun4451.hateblo.jp

10/17(土)・10/18(日)週 結果報告

f:id:kaerun4451:20201019181009j:plain

f:id:kaerun4451:20201019181026j:plain

チャレンジ対象レース : 28レース

総購入額 : 5600円

チャレンジ成功レース : 12レース

ウインドジャマー(1人気2着) 複130円

ゴールドレガシー(2人気2着) 複140円

スウィープザボード(1人気1着) 単240円 複110円

ドスハーツ(2人気3着) 複140円

メイショウハリオ(2人気1着) 単510円 複220円

ベストタッチダウン(2人気1着) 単300円 複210円

ホールシバン(2人気1着) 単440円 複140円

チェーロ(8人気3着) 複560円

プライム(2人気1着) 単380円 複150円

エコロドラグーン(3人気2着) 複160円

ロゼキルシュ(4人気3着) 複220円

ガンケン(2人気1着) 単490円 複200円

総払い戻し金 : 4740円

今週の移動距離 : 4.74km

というわけで今週は4.74km進みます。塵も積もれば山となるということで、とにかく継続、積み重ねといったところです。

がんばれ馬券くんの現在地

f:id:kaerun4451:20201020115254j:plain

f:id:kaerun4451:20201020115313j:plain

がんばれ馬券くんは峠の山道を西進中。ここまでつづら折りになっている道は今後通らないかもしれないので、ある意味貴重かもしれないですね。

道中記

さて、がんばれ馬券くんは定山湖脇を進んでいるわけですが、定山湖は200万都市札幌を支える豊平峡ダムが形成したダム湖となります。というわけで今週の道中記は、我々の生活を支える「ダム」について書いていこうかなと思います。

ダムの種類

ダムの形状、材料のことを型式(かたしき)といいますが、型式は大きく、

フィルダム : 土や砂、岩石を積み上げて建設

コンクリートダム : コンクリートを主原料として建設

コンバイダム : フィルダム、コンクリートダムを連結・複合させて建設

台形CSGダム : セメントで固めた砂礫を用いて建設(日本で開発)

の4種類に分けられます。

フィルダムはさらに2種類に細分化され、

アースダム : 台形状に盛り土を行って建設

ロックフィルダム : 中心部を粘土で固め、周囲を土砂や岩石で遮水壁を形成

コンクリートダムもさらに2種類に細分化され、

アーチ式 : 河川両側に水圧を分散させて支える。(ヨーロッパ、中近東地域で主流)

グラビティ式 : ダムの自重と重力を利用して水圧を支える。(地震に強いため西アメリカなど環太平洋地域で主流)

に分けられます。さらには地下ダム木材ダムなどもありますが、挙げていくとキリがないですね。いろいろあるということです。

ダムの用語

ダムの用語には聞き慣れないものがいくつかありますが、知らないとなんのこっちゃという感じなので、紹介しておきます。

堤高(ダム高)(m) : 岩盤からのダム堤体の高さ。岩盤を掘り下げて建設しているダムに関しては、見かけの高さよりも高くなる。

堤頂長(m) : ダム頂上部の長さ。一般的に堤高に比例。

総貯水容量(m³) : 満水時にダム湖に貯水される河水の総量。

堆砂容量(m³) : ダムの底に溜まる堆砂の総量。

死水容量(m³) : 堆砂の最上面と最低水位が合わない時の貯水容量。

有効貯水容量(m³) : 総貯水容量から堆砂容量、死水容量を差し引いた容量。これが実際に利用できる水の量となる。

流域面積(km²) : ダム湖に注ぐ全ての河川が流れている地域の総面積。

ローダム : 堤高5~15m、貯水容量300m²以上の堰提

ハイダム : 堤高15m以上、貯水容量300²以上の堰提(ローダムとハイダムを合わせてダムと総称する)

右岸 : ダム上流から見た右岸

左岸 : ダム上流から見た左岸

背面 : ダムの下流

世界の主なダム

ダムの有名どころをピックアップしてみました。サンシャダム、アスワンハイダムあたりは教科書でもよく目にする、政治経済的にも非常に重要なダムとなっています。

錦屏一級ダム(中国) : 堤高世界一(305m)

ログンダム(タジキスタン) : 完成すれば堤高世界一(335m)

カリバダム(ジンバブエザンビア) : 総貯水容量世界一

サンシャダム(三峡ダム)(中国) : 発電出力世界一。長江にかかる。

三門峡ダム(中国) : 黄河にかかる巨大ダム

フーバーダム(アメリカ) : コロラド川総合開発事業の中心として1936年に完成。当時はボールダーダムという名称だった。

アスワン・ハイダム(エジプト) : ナイル川にかかる巨大ダム

オーエン・フォールズダム(ウガンダ) : ヴィクトリア湖脇にある巨大ダム。ヴィクトリア湖ダム湖とみなした場合には世界最大ともいわれる。

日本の主なダム

日本のダムも挙げればキリがないので、本当に有名なところだけピックアップしました。クイズ番組等で映像が流れて、これはダムの名称を答えなさいみたいな問題は鉄板ですし、近々運用が開始されるダムについてはチェックしておいてもいいかもしれません。

黒部ダム(富山県) : 堤高日本一、黒部川にかかる

徳山ダム(岐阜県) : 総貯水容量日本一。揖斐川にかかる

当別ダム(北海道) : 台形CSG型のダム。

八ッ場(やんば)ダム(群馬県) : 2020年4月1日に運用開始。建設反対運動で話題に。

以上です。おそらくダムについてこんなに詳しく書いたブログは他に無いんじゃないですかね(需要もないでしょうけど)。そういった付加価値を毎回付けられるコーナーに出来ればなと思います。また来週。それでは。