かえるん日記

#中京は小回りコース

川崎殺傷事件について思うこと。

www.jiji.com

通り魔は遭遇した時点で終わり。亡くなった方や怪我をした子供たちは運が悪かったとしか言いようがない。合掌。

防犯意識が低かっただとか、今後の対策はどうするかとかいろいろ議論がなされているが、無理では?こんなの防ぎようがないのでは?明日歩いてたら通り魔に襲われるかもしれない。常にその可能性があるのがこの世の中である。我々は常に「確率論」の世界で生きていることを忘れてはいけない。全ての可能性はゼロではない。

ネットでの意見

「死ぬなら一人で死ね」と言うのはやめてくれ。次の犠牲者を出さないために優しい言葉を投げかけよう。

記事だったかツイートだったか忘れたが、こんなのを見た。まず「死ぬなら一人で死ね」という言葉を言うには、一人で死ぬという行為を肯定しなければいけない。それこそこれは「死」に直面していないからこそ言える言葉であって、「死ぬなら一人で死ね」という言葉が適切ではないのは確かだと思う。ただ一方で、「死ぬなら一人で死ね」という言葉を言わなかったところで事件の防止には繋がらない。通り魔を起こす奴っていうのは通り魔を起こすわけで、そこにもはや我々外野の発言どうこうは関わってこないと思う。あくまで持論だが。

 

kaerun4451.hateblo.jp

 失うものが何もないというのは「無敵」である

どうやら事件を起こした51歳男性は引きこもりだったらしく、また「何にもない人間」が事件を起こした。そういう風に解釈されてのこの発言だとは思う。人間誰しも社会に不満を抱えてそれを発散しようとするが、その手段が「通り魔」になるには、少なくとも「失うものが何もない」ということが条件の1つになってくるとは思う。しかし、「通り魔」になるのは「失うものが何もない」人間のうちのごくわずかである。だったら他にもっと要因がある。そう考えるのが妥当ではないか?

本来「失うものが何もない」ということは「自由」だ。無敵という表現も好きじゃないし、それを今回の痛ましい事件の原因とするような論調も好きじゃない。要素の1つとして議論する分には問題ないと思うが、それを本質として議論するべきではないと思う。

もし私がジャーナリストでこの事件についてコメントしてくれと言われたら、「非常に残忍な事件が起きてしまった。犠牲者の方のご冥福を心からお祈りいたします」としか言えない。むしろそれしか言うべきじゃないと思う「死ぬなら一人で死ねばいいのに」だとか「失うものが何もないのは怖いですね」とか、あとは「弱者ばかり狙うのはどうなんだ」とかいう発言はしてはいけないと思う。議論しないほうがいいこともある。どれだけ注意してもいつどこかで突発的に起きる事象に対して、普段から注意するというのはデメリットしかない。結局明日死ぬかもしれないのだから、今日を精一杯生きるしかないのでは?私の意見は以上。それではまた明日。