かえるん日記

地方馬がダービーを制す

【帝王賞 2020】徹底予想

f:id:kaerun4451:20200624100226j:plain

どうも、ダート予想のかえるんです。今日は帝王賞ということで、頑張って予想していきます。

帝王賞 2020 予想

行く馬がワイドファラオぐらいで、そこまで重くない梅雨開催の大井ということを考えてもこのクラスの馬が厳しくなるような追走ペースにはならないのかなという印象。3コーナーあたりでクリソベリル、オメガパフュームが動き出して、4ハロンしっかり脚を使うロンスパ戦になるんじゃないかなと思います。

◎クリソベリル

兄同様スタミナと持続力に長けたタイプで、大井2000というのは現状ベストなセッティング。スローで流れそうな今回においてある程度ポジションが取れるというのは強みですし、人気どころを内に見ながら競馬できるということで、枠的にもいいところに入ったなという印象です。

前走のサウジCは基本的にイン前質の強いレースでしたが、大外をぶん回してかなりのロスを被りました。ワンターン1800であの競馬をやって適条件インベタのゴールドドリームと2馬身ですから、やはり現在の日本のダート馬の中ではトップクラスの脚力を持っていることは間違いないでしょう。ゴールドアリュール産駒の特徴として「ハイペース経験後にかなりパフォーマンスを上げてくる」というものがあって、マキシマムセキュリティ含むアメリカのトップクラスを相手に真っ向勝負を挑んだ経験はこの馬にとってかなりプラスになったのではないでしょうか。

前々走のチャンピオンズCは、私としては完消ししていた通りこの馬にとっては合わないであろう追走力が求められる条件。その舞台で中京1800の激しい先行争いの中で脚を使ってキッチリイン2を取り、インティ武豊の金縛りペースに付き合ったあと、追い出しを待たされるロスがありながら11.9-11.8-11.7の加速ラップで脚を余しながらゴール。直線詰まってかなり追い出しを待たされたチュウワウィザードでさえ最後は減速ラップを踏んでおり、2キロ差あったとはいえこのメンバーの中では地力が抜けていたかなという印象です。まあ3歳冬~4歳夏ってマイルあたり平均0.5秒くらいは成長はしますし、今回はそこから条件も好転してきます。常識の通用しないスーパーホースですし、まあここも仕方ないという感じですかね。

〇オメガパフューム

その常識不問のスーパーホースであるクリソベリルを倒すとすればコース巧者のこの馬か。前走に関しては59キロで明らかに叩き仕様という形でしたが、北村友Jの好アシストもあり、ヴェンジェンスゴールドドリームあたりは全く相手にしませんでした。当然京都1900よりはタフな大井2000のほうが打点上昇が見込めますし、そもそもこの馬が最も得意としているのは地方の深い砂に水分が含んだ馬場状態(スタミナ消耗量は大きいがスピードが出やすい)(昨年の帝王賞東京大賞典はいずれも馬場が渋ってのパフォーマンス)で、同様の馬場状態になるであろうここでは大崩れはないかなという感じです。

あと展開的にどうかと言う人がいるかもしれませんが、スローペースであってもコーナーで潰しにいけばいいわけで、この馬のことを熟知しているデムーロJであれば、その辺はあまり気にしなくてもいいのかなとは思います。

ルヴァンスレーヴに関しては基本的に追走力に寄ったタイプで、そもそも大井2000はそれほど得意とは言えない条件。確かに3歳時は同舞台でオメガパフュームに勝ったかもしれませんが、当時はオメガパフュームが初ナイターでかなりパフォーマンスを下げたというのがあって、3歳時の段階ですらほぼ互角だったかなというのが私の印象です。そこからオメガパフュームは数々の勝負を経験して強くなっているわけで、その間休んでいたルヴァンスレーヴがそのオメガパフュームと同等のパフォーマンスが出来るかというのは正直疑問符が付くところ。

好きな馬なので頑張ってほしいですが、馬券的に上2頭との逆転の線を考えるのはちょっと厳しいかなという印象です。

チュウワウィザードはかなりピッチに寄ったタイプで、加速力を活かせる小回り(浦和、川崎、船橋)がベスト。昨年の帝王賞では完璧な立ち回りで早め押し切りを狙ったところ、ラスト200でオメガパフュームにはあっさり交わされ、ノンコノユメにもあわや差されるかという競馬でした。加速しやすいが減速もしやすいというのがピッチ走法の宿命で、ラスト1ハロンが減速勝負になる大井では最後甘くなるのは仕方ないという感じ。ルメールJが追い出しを待ってどこまでというところですが、そもそも個人的にはクリソベリル、オメガパフューム比較で地力差もあると思っていて、まあわざわざ合わない条件で逆転の線に張る必要もないかなといったところです。

ワイドファラオは距離的には普通に持つと思いますが、船橋1600と違って大井2000は逃げの恩恵が少ないコース。ましてや今回は前走と違ってチュウワウィザードやクリソベリルあたりが番手からプレッシャーをかけてくるわけで、前走のようには行かないかなと思います。まあ人気なければってところですが、連系は普通に売れちゃってるので。

ケイティブレイブは長岡Jなので、潜り込んでのイン差しを狙ってくるでしょうが、その点この大外枠はかなりマイナス。そもそも今年のフェブラリーSかしわ記念はかなり低レベル寄りだったレースで、大幅な相手強化となるここでは脚力的にも厳しいでしょうか。

ノンコノユメは、クリソベリルとオメガパフュームが完全に前を潰し切れば3着でチャンスあるかなというイメージ。ただ今回はスローペース濃厚で、ワイドファラオやチュウワウィザードあたりもそこそこ粘るんじゃないかなというのが個人的な見解。連系も割と売れていますし、あまり手は出したくない感。

モジアナフレイバーはインを突いてどこまで伸びるかですが、昨年の東京大賞典を見るにノンコノユメ比較でも若干脚力的には劣る印象です。

ストライクイーグルヒカリオーソあたりもこのメンツ相手にポジションを取りに行けば終い甘くなりそうですし、基本的には堅い決着になるのかなとは見ています。

買い目

◎クリソベリル

〇オメガパフューム

◎→〇馬単5000円

関東オークスに引き続きここも当てていきたいところです。それでは。