かえるん日記

地方馬がダービーを制す

46億年に1人の臆病者

46億年の間(正確には40億年前後だろうか)、生物は生存競争による淘汰と繁栄を繰り返してきた。弱い個体は死に、強い個体は子孫を残した。そうして迎えた46億年目。自分がいる。私は自分に対して、「私はこんなことも出来るんだ。さすがは地球46億年の結晶なだけあるな」と思うこともあるが、一方で「なぜ地球は46億年もかけてこの程度の物体しか作れなかったのか」と思うこともある。46億年かけて修正されてきたにしては欠陥が多すぎるのだ。46億年間の精錬の結果、オールで麻雀をしていたがためにテストをすっぽかし、単位を落とす個体がいるのである。お世辞にも神秘的とはいえない。

強い個体が生き残り、次世代にDNAを繋いでいく。じゃあその「強い」とはどういうことなのだろうか。「勇敢であること」だろうか。幾多の困難に立ち向かい、集団を危機から救うような個体を「強い」と言うのだろうか。

そうは思わない。真に「強い」とは臆病であることだと思うのだ。ごく最近、生物は「火」を発見した。「火」に対して、生物はどういう挙動を示しただろうか。勇敢な個体は火に立ち向かい焼け死んだが、臆病な個体は火から逃げ回り生き延びた。こういうシュミレーションもできると思うのだ。だから生き残る個体が「強い」のであれば、強い個体は「臆病」な個体である。我々には46億年間かけて熟成されてきた「臆病の血」が流れているのだ。だから立ち向かう必要なんてどこにもない。本能に任せて逃げ回れ。私たちは強い。

にほんブログ村 大学生日記ブログへ
にほんブログ村