かえるん日記

地方馬がダービーを制す

【がんばれ旭大高】甲子園展望・優勝予想

headlines.yahoo.co.jp

甲子園が開幕した。元高校球児としては見逃せないイベント。球児たちの熱い夏に声援を送りたいと思う。

さて、今年の北北海道代表は旭大高。準決勝、決勝ともに圧勝で勝ち上がってきた。地区大会ではちょっと地力が抜けていた印象。悲願の甲子園1勝へ。いいチームに仕上がったのではないだろうか。

旭大高といえば去年の夏は初戦、長野県代表の佐久長聖相手にタイブレークまでもつれる接戦の末敗れた。あの時の悔しさを胸に、強敵・星稜相手の金星を期待したいと思う。プレイボールは今日の昼。応援しましょう。

優勝予想

ちょっと独自の視点で優勝予想をしていきたいと思う。印はこちら。

高松商業

近江

ポイントとして挙げたいのは、制球力のある左ピッチャーの存在。というのも、甲子園に出てくるようなチームになれば、右の速球派投手に対してはもう練習試合等で見慣れているわけで、簡単に攻略してしまうことが多い。その点左の技巧派でビタビタ投げてくるピッチャーというのは全国探してもなかなかいない。強打の打線が打ち慣れていない技巧派の左ピッチャーに対して打ちあぐねるというのは、夏の甲子園で何度も見てきた光景だ。

その点◎高松商業〇近江の2チームは、ともに絶対的な左のエースピッチャーを擁している。高松商業香川投手は球速はそれほど出ないが、とにかくテンポが良いのが特徴。簡単には崩れない。近江の投手は大会屈指の左腕。初戦の強豪・東海大相模を撃破できれば、波に乗ってくるはず。

1度負ければ終わりのトーナメント。最後は甲子園の女神を味方につけたチームが勝つと思う。それでは。