かえるん日記

#中京は小回りコース

親に学費払ってもらってる甘ちゃん大学生はアルバイトするな

はじめに

前にも言ったが私は母子家庭だ。親に学費を払わせるなどあり得ない。自分の生活費は奨学金とバイト代から捻出している。つまり生きるためにバイトしているのだ。しかし世の中にはバイトしなくても生きられるのにわざわざバイトしている大学生が山ほどいる。そこで今日は、学費や最低限の生活費を親に出してもらいながら、そのうえで小遣い稼ぎのためにバイトしている大学生(※)は本当にバイトする必要があるのだろうかという話をしたいと思う。そのバイトの時間を使ってもっと何か出来ることがあるだろう。そう言いたいのだ。このブログには大学生の読者も多いだろう。胸に手を当てて考えてみてほしい。

※ 以後、甘ちゃん大学生と記す。

大学生はアルバイトするべきだという風潮

まずはこれについてどうなのかと言いたい。「大学生になったら社会経験のためにバイトするべきだ」という言うやつがいる。社会経験?社会経験って何だ?アルバイトごときに何の社会経験ができるというのだ。所詮大学生のアルバイトなんかはサルでも出来るような仕事しか経験できないのだ。

f:id:kaerun4451:20190504202724j:plain

私もスーパーでバイトをしているが、フルーツを切ったり値下げをしたりというIQ3程度の仕事ばっかりで、売り場のレイアウト作りや商品発注からの利益管理などは当然やらせてもらえない。これでは何の社会経験にもならない。金が貰えなければ本当に時間の無駄だ(包丁さばきは多少うまくなったが)。

大学生にはアルバイトできるほど有り余った時間がある

 

 

 私は高校の頃はアルバイトしようとは思わなかった(そもそも禁止だった)。だが大学生になるとアルバイトしようと思うようになった(私の場合せざるを得なかったが)。なぜか。理由は有り余った時間である。そこに有り余った時間があるからアルバイトという選択肢が浮上したのだ。社会人になれば絶対にアルバイトしようとは思わないだろう。時間が有り余るという感覚は大学生の今のうちしか味わえないである。

つまり甘ちゃん大学生は親に学費や生活費までも送って貰うことにより「有り余った時間」という何にも代えがたい財産を獲得したのである。にもかかわらず、その財産をバイトという無駄の塊に自ら進んで費やすなんて頭どうにかしちゃってるんじゃないかと私は言いたいのだ。

 

大学生活を極める55のヒント

大学生活を極める55のヒント

 

 

だから大学生には無限の可能性がある

「時間」とは「可能性」だ。時間さえあれば無限の可能性が生まれる。金がないと何もできない?それならバイト以外で何か金を捻出する方法を模索するのもいいかもしれない。それが起業に繋がるかもしれないし、将来の副業に繋がるかもしれない。プログラミングを勉強して新しいアプリを作ってもいい。株やFXを勉強してもいい。ユーチューバーやったっていいじゃないか。時間さえあればなんだってできる。できるのにやらないなんてもったいない。やりたくても出来ない人もいるのに。

だから甘ちゃん大学生はもっと「親から金を貰える」=「バイトしなくても生きていける」=「有り余った時間を自由に使える」ということをアドバンテージにすべきだ。今しかないのだ。明日じゃない。今からやれ。大学4年間をバイトで食いつぶすしかなかった私が言っている。お前らには私の分まで自由であってほしいのだ。だから行動してほしい。そうすれば4年間が終わったあと後悔しないだろう。

今日はここまで。それではまた明日。