かえるん日記

ダートの2勝クラス・3勝クラスで生計を立てています。

お金を払ったんだからちゃんとしてもらったほうがいい

「対価」という言葉を知っているだろうか

寝る前にちょっと読んでくれ。長い文章ではない。すぐ文句を言うやつがいる。1杯800円のラーメン屋で出てくるのが遅い。ファミレスで店員の態度が悪い。店に入って自分の思い描いていたものと違うことがあればすぐに不満を口にするやつだ。私にはわからない。不満なら高級フレンチでも食いに行けばいい。対価という概念はサービスにも存在するのだ。800円しか払ってないのだからそりゃ雑なサービスでも仕方ないだろう。店が汚くても仕方ないだろう。800円しか払っていないのだから。いやそれは違う。お金とか関係なく店員はちゃんとしなきゃいけない。こうほざくやつがここにもいるだろう。粗末な考えだ。世の中金だ。人間の動力源は金だ。金を与えなければ人間は動かない。対価が金という形でしか評価されない世の中ではサービスとて金なのだ。このお客様は800円しか払っていないのだからこれくらいのサービスでいいだろう。何か問題があるだろうか?この点を当たり前のように問題点として提起してくるのが日本人の誇り高き文化であり伝統だ。ブラック企業体質の根源はここにあると私は提唱したい。

 

 

給料以上の仕事をすることに違和感を感じないお前ら

 

お前らも思っているはずだ。自分が給料以上に働いているということに気付いているはずだ。だが改善しようとはしない。周りもやっているから。やらないと周りから冷たい目で見られるから。自分をよく見せたいから。常に周りの人間の評価を気にする日本人なら当然の発想だ。そうなるのも仕方ない。それでいて文句を言う。周りの評価さえ気にしなければちょっとはサボれるはずだ。だが文句を言う。自分が良く見られたいがために好き好んで給料以上に働いているにも関わらず会社側がどうのこうのと文句を言うのだ。好きでやっているんだから文句を言うな。お前らは自分の会社をブラック企業ということにしてあわよくばサボれるという現実から逃げようとしているだけだ。会社に非があるのは確かだ。タスクの量に人材が足りていないからこうなる。だが全て会社のせいとは言えないのも事実だと思う。お前らが給料以上に働くのを責めるつもりはない。ましては止めるつもりもない。ただ「会社のせいでこんなに働いてます」と言うのはやめろ。「自分を良く見せたいがために努力してたくさん働いてます」と言え。するとどうだろう?少し気が楽にならないか?お前らはブラック企業に入ったからたくさん働かされているわけではないのだ。自分を周りによく思わせるため、認めさせるためにたくさん働いているのだ。そう発想を転換すると少しは仕事する気が出てきたのではないだろうか?それでも仕事する気が出ない?なら辞めろ。辞めれば道は開ける。給料がゼロなら働かなくていいのだ。たまには給料ゼロを目指すのもいいだろう。生活はどうするかって?知るかそんなの。

例によって競馬の予想は朝。日記の投稿も遅くなってすまない。それではまた明日。