かえるん日記

地方馬がダービーを制す

5/24(日)競馬回顧

どうも、ダート予想のかえるんです。今週も競馬お疲れ様でした。私個人としては今週もしっかり負けです。今年は年始から推奨馬の好走率が去年に比べて軒並み低く、現在ブログに公開している馬券の年間収支は購入723600円、払戻671470円で-52130円となり、年間回収率は92.8%となっています。これ以上下がるとさすがにしんどいので、ここが踏ん張り時ですかね。頑張ります。

GⅠ回顧

オークス

リアアメリ(8人気4着)【次走注目馬】

デアリングタクト(1人気1着)

サンクテュエール(5人気13着)

アブレイズ(11人気17着)

マルターズディオサ(12人気10着)

マジックキャッスル(14人気5着)

ウーマンズハート(15人気12着)

逃げたスマイルカナは1000通過59.8でしたが、馬群はそこから離れて追走し、そこからさらに12.7-13.0-12.6とガッツリ緩んだことでどスローからの瞬発力勝負というレース質になりました。デアリングタクトは別格として、イン2、イン3をロスなく立ち回ったウインマリリンウインマイティーが2着3着に来ている通りこの傾向は顕著で、ここで外を回した馬のサルベージはある程度効くと思います。

f:id:kaerun4451:20200524234059j:plain

あとこの図を見てもらえればわかる通り、今年のオークス桜花賞を使わなかった馬か桜花賞で勝負しに行かなかった馬しか上位に来れておらず(バケモンは除く)、いかに今年の桜花賞がダメージの残るレースだったかということが見て取れると思います。

あとは本命を打ったリアアメリについて軽く触れておくと、イン前質の強いレースを外から差し込んでの4着で、これは良い競馬をしたなという印象です(ただ4着では0円)。まあそして何より、レース前にこの馬を「超早熟」と貶めていた連中が、レース後に軒並み手の平を翻しているというのが嬉しく、とりあえずは走ってくれてホッとしたという感じですかね。まあピンかパーではありますが、もっと上に行ける馬です。夏の成長に期待しましょう。【次走注目馬】

5/24(日)ダートレース推奨馬成績

f:id:kaerun4451:20200524235645j:plain

今日の推奨馬成績は(2-4-2-9) 単回収率94.7% 複回収率98.2%となりました。スズカモナミ(6人気1着)に加えて紐穴の好走もチラホラあり、そこまで悪くはなかったかなと思います。ただ自信のあったところがことごとく展開不利を受けたりと終始噛み合わず。厳しい戦いが続きます。

東京2レース

ブラックトマホーク(2人気3着)

リヴィエラボーイ(3人気4着)

行った行った決着になるという線は合っていましたが、隊列的にロワマージュサウンドトラックが挟まってしまいました。

上位3頭の時計としては悪く無いかなという印象です。

東京5レース

テンサイドカップ(4人気9着)【次走大注目馬】

タイキラッシュ(1人気1着)

テンサイドカップは内に突っ込んで行き場なし。これは乗り替わった次がかなり狙い目だと思います。

タイキラッシュが抜けていましたが、ベースはハイレベル戦。古馬開放で穴を開ける馬がかなり居そうなレースです。

東京7レース

ブレイブウォリアー(11人気11着)

ヨクエロマンボ(3人気4着)

グロリアスホープ(1人気5着)

シーオブセレニティ(4人気6着)

これは後ろに張って前々の決着。ペース的にも成す術なしという形でした。

東京9レース

テトラルキア(3人気5着)

ジュンスターホース(6人気6着)

ベースの軽い馬場に加えて、ほとんどラップが上下しない巡行競馬となり、かなり消耗量の少ないスピード質の競馬になりました。番手のペースコントロールでこういった質のレースを演出したルメールJはさすがといった形で、この競馬をされたら仕方ないですね。

あと今のダート3勝クラスは関東馬3割、関西馬7割という状況なので、関東の3勝クラスダートは頭数が揃いません。個人的にはフルゲートの3勝クラスダートで穴を拾うような予想がしたいと思っているので、まあコロナで仕方ないとはいえ、ちょっともどかしい気持ちです。

東京12レース

ピアザゴールド(7人気12着)【次走注目馬】

ネオブレイブ(4人気1着)

ファイトアローン(5人気8着)

キャベンディッシュ(10人気5着)

このオッズならネオブレイブで良かったです。。やらかしました。。

ピアザゴールドはテンで急かすと良くないですね。極端な乗り方をするジョッキーのほうがいいかもしれません。

京都1レース

デンコウユジー(5人気3着)【次走注目馬】

かなりキツいポジションから36.9の鬼脚を見せての3着。もう1列前なら突き抜けていた感じだったのですが。。こういうのが刺さって来ないのが1番キツいです。

京都10レース

ミステリオーソ(4人気7着)

メイショウダジン(9人気4着)

ヴォルスト(13人気8着)

ラブスピール(14人気11着)

プレシオーソが1000通過59.8で飛ばしていき、基本的には差し向きの流れになったのですが、馬群が縦長になりすぎたことで中団からの差し馬が1番恩恵を受けたという形になりました。

ミステリオーソは終始外々の追走でもぐり込めず、さらに巡行質の強い競馬でなおさらイン質の強くなっての終戦という形でした。混戦だったので、隊列によるロスはダイレクトに響きますね。

あと取り上げたいのはダイメイコリーダ。このペースを番手追走して残るというのは相当強く、まあカトレア賞で世代トップクラスのパフォーマンスを見せていた馬ではありますが、改めて力を再認識させられたという形になりました。まあ勝ち馬のミヤジコクオウも強いですが、若干上手く乗られた感はあるので、着差ほどの差はないかなという印象です。【次走注目馬】

これから古馬開放でここに出て来た馬は2勝クラスで戦うことになりますが、おそらく16着のサンデーミラージュまで余裕で通用すると思うので、6月のダート2勝クラスはどの3歳馬を買うかという感じになってきそうです。

京都12レース

キクノフェリックス(5人気9着)【次走注目馬】

ゴールデンライオン(9人気4着)

テイエムチューハイ(14人気3着)

テイエムチューハイは来ましたし、悪くない予想ではあったかなと思います。

レースとしてはやはりかなりの混戦模様で、まあ上手く乗られた馬が上位に来たかなという印象です。こういうレースで〇-▲のような馬券を刺していきたいのですが、まあ気長に待ちましょう。ダートの2勝クラスで堅めの決着を狙っても仕方ないです。

キクノフェリックスはポジション取れなさ過ぎたとはいえ案外。ずっとチグハグなので、次あたりそろそろですかね。この馬では絶対馬券取りたいです。

新潟7レース

ハンドリー(11人気6着)

フラッグアドミラル(1人気3着)

トゥルボー(2人気1着)

ハンドリーは誰かマクってくれればって感じのいい脚を見せてくれました。肝心な時にマクリが入らず、春の新潟開催は不完全燃焼で終了です。

以上しっかり2万負けの日曜競馬回顧でした。リアアメリアが来てくれればというところではありますが、なかなか噛み合いません。ただ月間収支は今のところプラスなので、来週はこれを維持できるようにしっかり予想していきます。週中の更新はできるかどうかわかりませんが、新潟の振り返り記事ぐらいは出したいですかね。ダービーウィークとなりますが、今週も頑張っていきましょう。それでは。