かえるん日記

#中京は小回りコース

【新時代】パインはちぎって食え

今日はバイト先の新商品を少し紹介して寝たいと思う。

その名もちぎって食べられるパイン。スナックパインだ。

沖縄県産スナックパイン 1本298円(税抜)

 

f:id:kaerun4451:20190620233752j:plain

沖縄のパインは今が旬。スーパーでも売り出しているところがあるのでは。

でもスナックパインは通常のフィリピン産パインに比べて小ぶりで、なおかつ値段も高い。コスパ悪いんじゃないの?と言っているそこのお前に言いたい。お前はスナックパインを何もわかっていない。

ちぎって食べる利点

まずはブロックにカットする手間が省けるのが一番だろう。半分に切ってしまえば、そこから手でちぎって簡単に食べることができる。いわばスナック菓子のような感覚で口に頬張ることができるのだ。

次はブロックより口に運ぶ回数が多い分、満腹感が得られやすいというものだ。ちぎって食べる分一口一口が少ないため、口に運ぶ回数が多くなる。それを脳がたくさん食べていると錯覚し、より少ない量で満足感を得ることができるのだ。ゆえに、コスパはむしろいいのである。

そして何よりスナックパインは旨い。甘味の質が違う。普段はフィリピン産に甘んじているというそこの奥様方、ぜひお子さんに沖縄県産パインを食べさせてみてほしい。反抗期も吹っ飛ぶ絶品の味がそこにある。

 

 とりあえずは試してみてほしい。パイナップルという概念が変わるだろう。それではまた明日。