かえるん日記

#ダートは追走能力

「才能のある貧乏」か「金のある無能」か

www.itmedia.co.jp

ちょっと興味深い記事を持ってきた。「才能のある貧乏」と「無能な金持ち」ならどちらが成功するか?持論から言うとどっちも成功しないと思う。「才能」も「金」も成功するための必要条件だと思うからだ。成功するのは得てして「才能のある金持ち」だ。ただ、「才能のある金持ち」が必ずしも成功するかといえばそうでもないと思う。成功するには「運」と「人格」も必要だ。ゆえに成功するのは「運と人格を持ち合わせた才能のある金持ち」だ。ほとんどの人間は成功しない理由がここにある。

記事にあった家庭の裕福度と学歴の相関関係の調査が、イマイチ成功するしないというラインからかけ離れて見えるのはこういうことが原因だと思う。成功する条件というのは金と才能だけじゃない。

 

成功哲学

成功哲学

 

 

そして私は「運も人格も持ち合わせてない無能な貧乏」なわけだが

残念ながら私は「運」も「人格」も「才能」も「金」も持っていない。まあ「運」と「才能」は相対評価だから一概には言えないとして、少なくとも「人格」と「金」はない。だから成功なんかするはずないのだ。私の人生は「失敗」なのである。

だがそもそものベースが「失敗」であるならば楽だ。ハードルがグンと下がる。「失敗」を成功させればいいのだ。だから「才能のある貧乏」か「金のある無能」かと聞かれた時、私は「貧乏な無能」と答えたいし、「貧乏な無能」でありたいと思う。きっと「貧乏な無能」のほうがいい人生を送れると思う。歪んだ解釈をすればそれも「成功」と言えるのではないか?「金」も「才能」も求めすぎるのは良くない。求めすぎると「運」と「人格」が逃げる。

ダービーウィークは一瞬で過ぎ去った。それではまた明日。